登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【雲取山】2011年10月27日 鴨沢からロ〜ングコース。気合いの日帰りにて!《日帰り登山》

雲取山

くもとりやま  2017m

奥多摩    日本百名山

アクセス

中央自動車道  八王子ICより1時間20分。

小袖付近駐車スペース(現在駐車不可、手前に丹波山村営駐車場あり)

ルート

小袖登山口〜ブナ坂〜奥多摩小屋〜雲取山山頂〜[ピストン]小袖登山口

標準コースタイム  7時間35分

主観的難易度… 中級
  • 天気:晴れ
  • 人数:2人(A)
  • 行動時間:データなし。

f:id:NACK-y:20200608153111j:imageヤマプラ - 「山と高原地図」で登山のプランを作ろう! - ヤマレコ

 

東京都で一番高い山、雲取山はロングコース。今回の鴨沢ルートもコースタイムは約8時間。

二人とも脚は速い方ですが、日も短くなっているので、登山口近くのスペースに車を停め、念の為車中前泊としました。

 

しかし! Aさんの息吹による上気道の振動音(いびき)で、私はあんまり眠れませんでした…(ー ー;)

 

出発は夜明けと同じくらいの時間だったかと思います。

スタートから3時間くらいひたすら樹林帯を歩きます。

 

f:id:NACK-y:20210515215556j:image富士山が見えてくると元気になって来ます♪

 

七ツ石山は時間短縮の為か、行きも帰りも寄りませんでした。

というか寄ってもそんなに時間変わらないと思われますが、少しでも早く歩こうと必死でした(汗

 

七ツ石山からの道と出合うブナ坂を過ぎると、石尾根を行きます。ここら辺から眺望が良くなります。

 

f:id:NACK-y:20210515215615j:imageおー、富士山いーね〜。天気もよい!

 

石尾根は似たような景色が続きますが、開放感があって飽きません。

この頃はダンシングツリーの存在を知らず、完全スルー。富士山ばっかり見てました。

 

ヘリポート、奥多摩小屋を過ぎ、山頂を目指します。

 

f:id:NACK-y:20210515215630j:image小雲取山から振り返れば石尾根。


f:id:NACK-y:20210515215658j:image山頂付近。重なる山々が奇麗です。

f:id:NACK-y:20210515215711j:imageやっと山頂〜。

2017年に新しい山頂標に変わってしまい、今は無き山頂標。

こっちの方が味があっていいですね。って言う人が多いですね。自分もですが。

 

雲取山の山頂は東京、山梨、埼玉の県境なんで、それぞれの山頂標があります。

(写真撮ったと思ったんですが、見つかりません…)

 

f:id:NACK-y:20210515215725j:image山頂から歩いて来た石尾根。

よく見るアングルですね。


f:id:NACK-y:20210515215740j:image同じような写真ばっかりで大変恐縮です。

この頃は、こんなに富士山が奇麗に見える山には、ほとんど登ったことなかったんで…(^^;)


f:id:NACK-y:20210515215752j:image方向的に飛龍山でしょうか?

ちょっとよく分かりません…

 

下山は寝不足の私、腹痛気味のAさんと、共にペース上がらずで、結局ほぼコースタイム通りだったかと記憶してます。

 

まとめ

雲取山は本当にいい山ですが、後に初一人テント泊をした奥多摩小屋とテン場が、今年3月に閉鎖されてしまったのが非常に残念です(T ^ T)

長いコースなので1泊が推奨されますが、この鴨沢ルートだと、七ツ石小屋しか泊まれる場所がないですね…。

奥多摩町/奥多摩小屋(雲取山)閉鎖のお知らせ

 

初ソロテン! あやしい足音も聞こえたけど…

 

⬇︎もしよければ応援お願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

温泉

奥多摩温泉  もえぎの湯

この辺では定番じゃないでしょうか?  露天から多摩川が見えるロケーションです。

時間の詳細不明ですが、食事処のラストオーダーが早かった気がします。

【個人的おすすめ度… ☆☆☆★★】

奥多摩温泉 もえぎの湯 | もえぎの湯は奥多摩の地下深く日本最古の地層といわれる古生層より湧き出る奥多摩温泉の源泉100%の温泉でJR奥多摩駅より徒歩10分の好立地にあります。登山や行楽の帰りに是非お立ち寄りください。

 

【自分用山行データ】

山行回数:10   踏破数:13   百名山:6