登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【蛭ヶ岳】2013年1月28〜29日 雪の丹沢、初避難小屋泊。からのダイヤモンド富士!(小屋泊登山)

スポンサーリンク

蛭ヶ岳(ひるがたけ)  1673m    丹沢山地  

《アクセス》圏央道 相模原ICから35分  黍殻山登山口付近駐車場

《ルート》①日目 黍殻山登山口〜八丁坂ノ頭分岐〜黍殻山避難小屋[泊] ②日目避難小屋〜姫次〜蛭ヶ岳山頂〜姫次〜青根分岐〜登山口

  • 天気:①日目 晴れ ②日目晴れ
  • 人数:2人(K)
  • 行動時間:①日目 データなし  ②日目 約9時間(休憩等含む)。地図上コースタイム ①日目 2時間5分  ②日目 6時間10分

【主観的難易度… 中上級】

f:id:NACK-y:20191112014159j:imageコースタイムつき登山地図が無料! 登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」 - ヤマケイオンライン / 山と溪谷社

 

丹沢最高峰、蛭ヶ岳。この時は1週間ほど前に関東にも大雪が降り、丹沢もしっかり雪山に。雪山デビューです!

もともと丹沢の深部にあって、アプローチ困難な上にまあまあの積雪。時間が掛かりそうなので避難小屋泊とし、こちらもデビュー戦となりました。

 

避難小屋は寝具が用意されていません。となれば必要なものがシュラフ(寝袋)とマットです。山を始めてから貧困生活続きですが… 買ってしまいます。この時既にテントもやるつもりだったので、大きいザック(75リットル)も用意しました。

 


Nanga(ナンガ) オリジナルシュラフ ダウンバッグ 600STD KHA レギュラー

国産、防水コーティング、永久保証。ナンガ最高です! 今でも使ってます。現行モデルは挟み込み軽減ファスナーなどグレードアップしてます。それにしてもこれはほぼ厳冬期用。私もやる気満々ですね。

 


THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用マットレス クローズドセルマットレス Zライト ソル シルバー/レモン S(51×130×厚さ2cm) R値2.6 30669 【日本正規品】

すぐに横になれる敷くだけタイプ。これは後に山で失くし、今はインフレータブルタイプ(膨らますやつ)を使ってます。

 


グレゴリー バルトロ75 BALTORO 75 ネイビーブルー M 657801598

後のテント山行を見越して75リットル。値段が高いし、本体がちょっと重い…。でも背中にぴったりフィットさせると、不思議と楽に担げます。内部のコーティングが剥がれて来ましたが、こちらもまだ現役です。

現行モデルは背面の通気性、ウェストベルトの小さいポケット、レインカバーは別売、などのネガが解消されているようです。

 

ノースフェイスの冬用ジャケットも買いましたが、これはゴアテックスじゃなかったので、後にスノーボード用のウェアになりました。その他の装備は、6本歯アイゼン、ゲイター(スパッツ)、ポールに取り付けるスノーバスケットなど。

靴は通常の縦走用。グローブなどの防寒具はスノーボード用を流用しました。

 

総重量は20㎏近いですが装備は万全、出発です!

初日は2時間くらいしか歩かないのでのんびりです。取り付いたのは昼過ぎでした。駐車場所ははっきり覚えていませんが、黍殻山登山口付近にあった駐車スペースに駐めたような。

 

しばらく続く舗装路が終わり、急な登山道になってから雪が出て来たと思います。

過去何度かアイゼン歩行はありましたが、今までで一番雪が深く6本歯アイゼンでは若干大変でした。荷物も今までで一番重くペースが上がりませんでした。

 

そしてやっと宿に到着!

f:id:NACK-y:20190827024742j:image黍殻(きびがら)避難小屋。(※写真は翌日の出発時)

 

f:id:NACK-y:20190827142516j:image薪ストーブ付きですが、この翌年小屋が建て替えられた時、ストーブは無くなってしまった様です( ´・ω・`)

 

f:id:NACK-y:20190827120018j:image薪は小屋の外にありました。湿っていたので点火にちょっと手間取りましたが、こりゃーぬくい! しかし煙が凄っ ジャケットなどからしばらく美味しそうなスモーク臭が消えませんでした…

 

f:id:NACK-y:20190827143301j:image他に誰も居なかったので我が家のごとく寛がせてもらいました(^^;)

 

と、かなり快適だったので宴会も盛り上がり… 翌日はすっかり寝坊。初日はローペースだったので早く起きようと言っていたのに、起床は7時半くらいかな? それでもなぜかしっかり朝食。当然小屋の掃除もしっかりしました。

 

f:id:NACK-y:20190827145058j:image出発は8時半でした。

 

f:id:NACK-y:20190827145006j:image慣れない雪と重い荷物にやはりペースが上がらない…

 

f:id:NACK-y:20190827232443j:image姫次(ひめつぎ)に着くと富士山の眺めが素晴らしい!

 

f:id:NACK-y:20190827234805j:imageしかし山頂はまだ遠い…


f:id:NACK-y:20190827145003j:image姫次から山頂は登り返しもあって精神的にも疲れます。しかも結構踏み抜きポイントがありました。

 

f:id:NACK-y:20190827235251j:image山頂まであとちょっと! の登りがきつい(^^;)

 

そしてやっと辿り着いた山頂。

f:id:NACK-y:20190828000127j:image快晴です。ちょっと白飛びですが…


f:id:NACK-y:20190828000110j:image南アルプスもくっきり。

 

f:id:NACK-y:20190828000424j:image丹沢山と右端は塔ノ岳。


f:id:NACK-y:20190828000114j:image東京方面と宮ヶ瀬湖。

360度の展望! しばし時間を忘れ魅了されます。

しかし魅了され過ぎ、気付けばいい時間。とにかく今回はペースが遅いし早く降りないと!

ちなみに昼食は蛭ヶ岳山荘の自炊室をお借りして取りました。


f:id:NACK-y:20190828000120j:image帰りもアップダウンがかったるい…

 

f:id:NACK-y:20190828011749j:image確かに雪に慣れてなきゃこんな道は歩きにくい。

 

と、結局ペースは上がらぬまま姫次に着くと、なんか薄暗い…。富士山を見ると日が落ちそう。ん? このままダイヤモンド富士になりそうだ(゚∀゚) もうここまで来たら待ってしまおう!

 

待つこと10分から20分。
f:id:NACK-y:20190828011740j:imageあとちょっと…

 

f:id:NACK-y:20190828015836j:image蛭ヶ岳も少し赤く染まってます。


f:id:NACK-y:20190828013848j:image来ました! ハレーション?だかゴースト?だか酷いですが。iPhoneの限界です。

 

f:id:NACK-y:20190822034523j:imageマジックアワーで富士山が奇麗に浮かび上がる。

 

こんな感じで時間潰してたので、当然ヘッデン(ヘッドライト)下山です。暗い中登って来たおじさん2人組は黍殻避難小屋に泊まるとかで、ウハウハしてました(^^;)

つーか余計な荷物は避難小屋にデポって行けばよかったな…

 

100均のカルパスをかじりつつ、真っ暗の中ヘロヘロで無事下山です。雪に慣れてないとは言え、何故こんなに時間が掛かったか謎ですが、とにかく無事下山です。

やはり雪山は短時間の日帰りで練習してからにしましょう!

 

⬇︎もしよければ応援お願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

♨️……失念(´・ω・`)

道志の湯辺りに行ったんじゃないかと思います。

道志の湯|山梨県道志村にある日帰り温泉

 

【自分用データ】

山行回数:29   踏破数:35   百名山:11    撤退:2