登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【鶴見岳】御嶽権現社より周回、山頂は絶景。別府温泉の源流に登る!《日帰り登山》2022年4月20日

鶴見岳

つるみだけ  1375m

大分県  日本三百名山  九州百名山

アクセス

東九州自動車道  別府ICより15分。

御嶽権現社駐車場《4〜50台、無料、トイレ 有》

ルート

御嶽権現社駐車場〜御嶽権現社〜南平台分岐〜一気登山道〜鶴見岳山頂〜馬の背〜西の窪〜南平台〜御嶽権現社〜駐車場

標準コースタイム  約3時間15分

f:id:NACK-y:20220425013342j:imageヤマプラ - 「山と高原地図」で登山のプランを作ろう! - ヤマレコ

難易度  …初級

難所、危険箇所はありません。赤テープはしっかりありながらも、少しルートが分かりづらい所があります。

※難易度はあくまで私のざっくりとした主観です。

  • 天気:晴れ
  • 人数:単独
  • 行動時間:3時間24分(休憩等含む)

 

 

鶴見岳は別府市街と由布岳の間にあり、活火山で となりの伽藍(がらん)岳と共に別府温泉の源になっています。

 

登山口は御嶽(おたけ)権現社にあります。手前に駐車場があり、便利です。

 

f:id:NACK-y:20220424022603j:image広いですが、ここへ来る道はちょっと狭いです。

トイレがありますが、水の流れないアレです。


f:id:NACK-y:20220424024603j:image駐車場の前の舗装路をしばらく歩きます。


f:id:NACK-y:20220424022526j:image神社までは地味にキツい階段が続きます。

 

そして御嶽権現社到着! って… お詣りに夢中で写真撮り忘れました( ;゚Д゚)

 

この神社は正式には火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)といい、ここは中宮にあたります。

変わった名前ですが、男女の火の神様を祀っていることから来ているようです。


f:id:NACK-y:20220424024334j:image神社の左奥に登山口。


f:id:NACK-y:20220424024645j:imageこのルートは一気登山道と呼ばれています。

毎年4月(今年は5月)に海から山頂まで一気に登る、べっぷ鶴見岳一気登山大会というイベントで使われているルートみたいです。


f:id:NACK-y:20220424022411j:image超ご丁寧な案内板。

大会用にか、各地点に置かれています。


f:id:NACK-y:20220424022457j:image序盤はユルやか。

 

それにしてもこの辺の登山道は、大会参加者があちこち走ったり歩いたりするせいなのか、二つくらい道が並走しています。

f:id:NACK-y:20220424024626j:imageどっちだ?

ずっと並走してるのでどっちでも大丈夫ですが、知らないと「え〜〜?」って感じ…


f:id:NACK-y:20220424024416j:image赤テープもあっちに付いてたり、こっちだったり…


f:id:NACK-y:20220424022438j:image1回林道を横切ります。


f:id:NACK-y:20220424022445j:imageな、何が言いたいんだ…?


f:id:NACK-y:20220424024320j:image相変わらずのあっちこっち道。

ここもどっちでも大丈夫です。


f:id:NACK-y:20220424024308j:image南平台分岐。山頂近道は右。


f:id:NACK-y:20220424024350j:image分岐を過ぎて少しすると、急になってきます。

 

急なんで さっきみたいに道が並走とかはないですが、大会で人がいっぱい歩いてたらショートカットしちゃうヤツとかいるじゃね? と思ってたら…f:id:NACK-y:20220424024305j:imageやっぱり(^^;)


f:id:NACK-y:20220424024620j:image岩がゴロゴロしてきました。

左の方からショートカットは禁止ですよー


f:id:NACK-y:20220424024508j:image鎖場登場。

ホールドはしっかりしてるので、鎖は使わなくても大丈夫です。


f:id:NACK-y:20220424022716j:image(たぶん)キスミレ

静岡県以西、九州のこの辺にも分布しているようですが、大分県では絶滅危惧種に指定されているみたいですね。


f:id:NACK-y:20220424024448j:image山頂近くの分岐。

ロープウェイでも拝んどくか、と山上駅のある右へ進みました。


f:id:NACK-y:20220424024648j:imageまた楽勝の鎖場を抜けると、


f:id:NACK-y:20220424024605j:image一気に景色がひらけました!

左に志高湖(しだかこ)も見えています。

f:id:NACK-y:20220424024632j:image別府ロープウェイ 鶴見山上駅

ゴンドラ 建物の陰で見えねーじゃん 泣。

 

ロープウェイの山上駅から鶴見岳山頂までは、舗装路が敷かれています。

といってもほとんど階段なので、一般観光客の方々は ぜーはー言いながら登ってました。


f:id:NACK-y:20220424022552j:imageレストハウス跡。

噴火時には避難所になるとか。


f:id:NACK-y:20220424022648j:image山頂は 札所めぐり、七福神めぐりができます。

帰りにめぐろう… なんてぼんやり考えていましたが、帰りはめぐらない方から下山でした 汗。


f:id:NACK-y:20220424024314j:image七福神めぐりの一つ「寿老人」。

 

それにしても めちゃくちゃ整備されてて、山の上とは思えないですね。

f:id:NACK-y:20220427225010j:imageちょっと萎える瞬間だったりもする…

 

そして鶴見岳山頂
f:id:NACK-y:20220424024337j:image由布岳どーん。電波塔もどーん。

 

f:id:NACK-y:20220427232622j:image別府市街と別府湾。

左に見えるツートーンの山は大平山(扇山)。茶色い部分は毎年4月に、野焼きされているそうです。


f:id:NACK-y:20220427233930j:image噴煙を上げているのは伽藍岳。


f:id:NACK-y:20220427233927j:image遠くに九重連山。

 

山頂は好展望で色々見えますが、肝心の由布岳には絶妙に邪魔をする電波塔が…

 

頑張って電波塔が入らないように撮ってみました。

f:id:NACK-y:20220427234659j:image無理矢理感あるな(^^;)


f:id:NACK-y:20220424024435j:image現在鞍ヶ戸(くらがと)の登山道は崩壊して通行不可のようです。

塚原温泉はどうしちゃったの? 空の上にあるのか? 笑

 

下山は西側から周回ルートで降ります。


f:id:NACK-y:20220424024703j:image縦走路に入ってやっと由布岳が ばーんと!


f:id:NACK-y:20220424024546j:image下はちょっとぬかるみ気味。


f:id:NACK-y:20220424024433j:image開けて鞍ヶ戸が正面に。

この辺で硫黄のにおいが漂ってきました。

鶴見岳の北西の山頂近くに赤池噴気孔というのがあるらしいです。


f:id:NACK-y:20220424024345j:image馬の背

ここにも鞍ヶ戸へは行っちゃダメよの看板が。

 

ここからはさっきと打って変わってガレ場になりました。
f:id:NACK-y:20220424024642j:image結構歩きにくい…

 

f:id:NACK-y:20220429003541j:image西の窪。

ここから折り返すように御嶽権現へ戻ります。

が、せっかくなので コースタイム20分プラスですが、南平台(なんぺいだい)へ寄っていくことにしました。


f:id:NACK-y:20220424022618j:imageまあまあ登るな…(ー ー;)

登山道は若干ぬかるみ気味でした。

 

南平台の山頂はだだっ広いですが、展望がよく ここでも由布岳や遠くの九重連山が見えました。


f:id:NACK-y:20220424024459j:image何より良かったのは、鶴見岳〜鞍ヶ戸の稜線。

 

f:id:NACK-y:20220429005553j:image山頂周回は広い上にススキ? が伸びてて、ちょっと道がわかりづらいです。


f:id:NACK-y:20220424022655j:imageとりあえず海の方へ向かえば大丈夫。


f:id:NACK-y:20220424024404j:image下りもぬかるみ気味&ちょっと踏み跡わかりづらし。

赤テープを見逃さず進みます。

 

御嶽権現へ向かう登山道と無事合流してすぐ、前方で何かが動きました…!

一瞬「こぐまやー!」とビビりましたが…f:id:NACK-y:20220424022519j:imageタヌキですかね?

まあ九州はクマいないらしいし…


f:id:NACK-y:20220424024635j:image踊り石

地震の前触れで踊るとか。地震は勘弁ですが、踊る所はちょっと見てみたいなー


f:id:NACK-y:20220424022708j:image一気登山道との合流までの道は、平坦で広々としています。

赤テープはあるものの、道がわかりづらい所もありました。


f:id:NACK-y:20220424024457j:image南平台分岐まで戻ってきました。

あとは来た道を戻るだけ。

f:id:NACK-y:20220424024302j:image神社からは行きと違う道でもどりました。

まとめ

行動時間は3時間半程度でしたが、変化に富んだコースや好展望のせいか、結構歩いた感がありました。

山頂は人工物が多いですが、雄々しい山体の由布岳や噴煙を上げる伽藍岳などが見られ、十分に自然を感じられる山だと思います。

 

⬇︎もしよければ応援お願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

温泉

夢幻の里  春夏秋冬

風呂場は脱衣所と露天風呂のみ、シャワーも洗い場も無しと割り切っています。

一応 備え付けのシャンプーとボディーソープがあり、桶で流しながら身体を洗うスタイルです。

ちなみにケンウッドのナビの案内がとんちんかんで、なかなか辿り着けませんでした 汗。

f:id:NACK-y:20220429020546j:image山奥の雰囲気やコテコテの硫黄泉は 好きな人にはたまらんと思います。

【個人的おすすめ度…★★★★☆】

夢幻の里春夏秋冬オフィシャルサイト

 

【自分用山行データ】

山行回数:128   踏破数:128   百名山:32   撤退:5