登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【滝子山】岩場が楽しい寂ショウ尾根ルート。富士山の展望もグッド!《日帰り登山》2013年11月22日

滝子山

たきごやま  1560m

奥秩父 山梨百名山 秀麗富嶽十二景

アクセス

中央自動車道  大月ICより15分。

桜森林公園駐車スペース。

ルート

桜森林公園〜寂ショウ(じゃくしょう)尾根〜滝子山頂〜曲沢分岐〜道証地蔵〜桜森林公園

標準コースタイム  5時間50分

f:id:NACK-y:20211016230922j:image登山地図&計画マネージャ ヤマタイム - Yamakei Online / 山と溪谷社

難易度 …中級

メンバーの熟達度は初級〜中級ですが、全員問題なく寂しょう尾根は攻略できました。

ややCTが長いので、それなりに体力は必要です。

※難易度はあくまで私の主観です。

  • 天気:晴れ
  • 人数:6人(K、Y、Y、T、M)
  • 行動時間:データなし。

 

 

滝子山は大月市が定める秀麗富嶽十二景の一つです。

秋晴れの中、秀麗な富士山を眺めるべく実家のノアを借り出し、6人で乗り込みました!

 

桜森林公園の駐車スペースにクルマを駐め舗装路を北に歩くと、すぐに右側に登山口が現れます。

 

f:id:NACK-y:20211016224718j:image途中で鉄塔の近くを歩きます。恒例、股下ショット!

 

一旦舗装路に出て寂ショウ(じゃくしょう)尾根に取り付きます(なぜショウだけカタカナ?)。

この尾根は南陵とも呼ばれ、後半岩場もあり破線ルートになっています。

 

ちなみに破線ルートとは、危険箇所や道迷いの可能性のある、やや難易度が高いルートです。

山と高原の地図上で、一般ルートが実線で書かれているのに対し、破線で書かれています。

 

f:id:NACK-y:20211016231709j:image割と序盤から急な所も。


f:id:NACK-y:20211016225144j:image平らな所で休憩。

喫煙者の2人は気を使い、みんなから離れ且つ背を向ける。

寂しすぎる後ろ姿…( ´д`)

 

高度が増すにつれ急な岩場が増えてきます。

f:id:NACK-y:20211016225307j:image両手を使ってよじ登るところも。

 

f:id:NACK-y:20211016225321j:imageしかし難易度はそんなに高くありません。

落ち着いて登れば大丈夫ですが、落としたり落とされたりの落石には注意です。

 

f:id:NACK-y:20211016225336j:image最後の方の急な岩場。山頂まであと少し!

 

こういう急な岩場って楽しくて、あまり疲れを感じないですね。

かといってずーっと続いたらしんどいですが(^^;)

 

f:id:NACK-y:20211016225713j:image山頂です!

逆光で山頂標が見えませんが、間違いなく滝子山の山頂です。本当です!

 

さすが秀麗富嶽十二景、富士山の展望が素晴らしいヽ(´ー`)ノ

 

もちろんここで昼食。
f:id:NACK-y:20211016225906j:image酒飲む人、昼寝する人… みんな自由だな〜

 

f:id:NACK-y:20211016225930j:image記念写真は順光で。

 

f:id:NACK-y:20211016230002j:image下山は西側から沢沿いを下ります。


f:id:NACK-y:20211016230037j:image楽しいルートですが少し危ないところも…


f:id:NACK-y:20211016230155j:imageナメ滝の様なものがいくつかありました。


f:id:NACK-y:20211016230359j:image「落ちる〜!」

と、渾身の(?)ギャグに「いいから早く行けよ…」と冷たい眼差しを向けるYさん…( ;゚Д゚)

 

この後、道証(みちあかし)地蔵に出たら、少し長めの舗装路を歩いてフィニッシュ!

 

まとめ

登りの岩場は破線ルートでも、そんなに難易度は高くありませんでした。

そのほか、富士山の見える山頂、沢沿いの下山道など色々詰まって楽しい山でした!

 

 

こちらも秀麗富嶽十二景! 林道は閉鎖… そして寒さとの戦い…!

 

 

⬇︎もしよければ応援お願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

温泉

やまと天目山温泉

露天あり、大広間あり、レストランありとベーシックながら自分好みの温泉。

高アルカリ泉で肌にも良いです。

【個人的おすすめ度… ★★★☆☆】

やまと天目山温泉|だれと行く、大菩薩|東京から日帰りで行ける百名山

 

【自分用山行データ】

山行回数:48   踏破数:60   百名山:16    撤退:3