登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【横瀬二子山】芦ヶ久保からピストン。急登&悪路! 里山とナメてはいけません…!【日帰り登山】2017年5月30日

横瀬二子山

よこぜふたごやま  883m    奥武蔵

アクセス

圏央道 圏央鶴ヶ島ICより60分。

道の駅 果樹公園あしがくぼ駐車場《80台(第2駐車場にも70台)、無料、トイレ 有》

ルート

道の駅 果樹公園あしがくぼ駐車場〜浜の沢コース〜雌岳〜雄岳〜[ピストン]〜果樹公園あしがくぼ

標準コースタイム  3時間(↓のCT なんか長め…)

f:id:NACK-y:20220302013033j:image登山地図&計画マネージャ ヤマタイム - Yamakei Online / 山と溪谷社

難易度    …初中級

コースタイムも短く、駅から登れ 里山感が高いですが、急登や足場の悪いところがあり、侮れません。

※難易度はあくまで私のざっくりとした主観です。

  • 天気:晴れ
  • 人数:1人
  • 行動時間:不明

 

 

埼玉には「二子山」は二つあります。一つは小鹿野町にありますが、岩峰がとんがり クレイジーマウンテンと呼ばれています。

 

もう一つは横瀬町にあり、小鹿野町の方と混同を避けるため「横瀬二子山」と呼ばれています。

今回登るのはこちらです。

 

この日は朝起きて天気が良かったので 急に山に行きたくなり、いそいそと支度を整え家を飛び出したのでした。

 

道の駅 果樹公園あしがくぼ駐車場に着き、ウキウキと用意を始めると、一つのミスに気付きました。

「ねえ! 靴が… ( ;゚Д゚)」  忘れました…。

 

急にドタバタと用意して出てきたせいですね。

しかしせっかくここまで来たので、履いてきたニューバランスのスニーカーの紐をキツく締め直して出発!

 

コースは東側の浜の沢コースと西側の浅間神社コースがあります。

両者 タイムはほとんど変わりませんが、スタート時間が遅かったので、一応最短の浜の沢コースで登ります。

 

序盤はいきなり急でした。

f:id:NACK-y:20220302013028j:image多分その辺の写真…

 

そのあと沢沿い→また急坂な感じだったと思います。

 

んで、その急坂の辺りを登っている時、どこからか「きーきー、きーき〜」とドアのきしみ音が聞こえてきました。

キョロキョロと辺りを見渡してもドアなど見当たらず…  上を見上げると なんとでした。

 

それも尋常じゃない数! 数十匹はいたと思います。

この辺は群れがいくつかあるみたいで、横瀬町では定期的に調査しているようですね。

それにしてもあの大群は「猿の惑星」を彷彿とさせて怖かった…(古っ)

 

f:id:NACK-y:20220302013011j:image稜線へ出た辺り?

 

稜線へ出た後、雌岳への最後の登りが急でした。

写真ありませんが、ガレや根っこなどで足場も悪いです。ロープもありましたが、こっちは何しろスニーカーですからね… 汗

 

すれ違ったおばちゃん達にも「あらー、そんな靴で〜」と突っ込まれるも、んなこと分かっとるわーい! と心の中で叫びつつ必死で登りました。

 

で、なんとか雌岳山頂
f:id:NACK-y:20220302013021j:image苦労しましたが、展望ありません。

 

時間もないし、雄岳へ向かいましょう。

この間の道も結構悪路でした。

 

7分ほどで雄岳山頂
f:id:NACK-y:20220302013031j:image一瞬ここも展望がないと思いましたが…


f:id:NACK-y:20220302013026j:imageすぐ近くから武甲山が!


f:id:NACK-y:20220302013014j:image秩父の街の方は霞んじゃってますね。

 

f:id:NACK-y:20220305004004j:imageそれにしても エグれちゃってかわいそうな武甲山…

 

武甲山の北面は大量の石灰岩でできていて、なんと80年前から採掘されているそうです。

山頂も削られていて 標高も30mほど低くなり、かつてあった遺跡もなくなり、三角点も神社も移転されているとか…

 

どんな感じで掘られてるんだろ? と思い調べてみたら、

f:id:NACK-y:20220305073827j:image内部もこんなに掘られていて驚きですね… 出典 秩父石灰工業(株)HP

 

この斜面では3社ほどのセメントメーカーが、採掘をしているようです。

石灰石はコンクリートなど、我々にとって必要不可欠なものの元になっているので複雑ですが、何とかならないでもんですかね…

 

そんな武甲山をしんみり眺めていましたが、浸っている時間はありません。とっとと下山です。

 

下山はまた最短ルートを戻りました。

しかし今思えば、華麗に街用スニーカーを纏っていた私には、傾斜のユルい浅間神社コースの方が良かったな…。

あしがくぼの氷柱開催期間中は、このコースは使えないそうです。

 

まとめ

登る前はめっちゃ里山感満載と思っていましたが、傾斜のキツいところやガレや根っこで歩きにくいところも多く… 要はスニーカーなどで登ってはいけない山かなと(^^;)

次行く時は焼山まで足を伸ばすか、さらに武川岳、伊豆ヶ岳まで回ってみようかな〜

 

 

クレイジーな方のやつを一般コースで!

 

 

⬇︎もしよければ応援お願いします(^^)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

温泉

秩父湯元  武甲温泉

この辺の山登った後よく行きます。

ちょい古な雰囲気のよくある感じの施設。食事処や大広間もあるので、のんびりできます。

【個人的おすすめ度…★★★☆☆】

秩父湯元 武甲温泉 | 名物炭酸泉「美肌の湯」

 

【自分用山行データ】

山行回数:124   踏破数:121   百名山:32   撤退:5