登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【棒ノ折山】2011年5月18日 ボーノオーレ? 変な名前… でも楽しい山です (日帰り登山)

スポンサーリンク

棒ノ折山(ぼうのおれやま、棒ノ嶺[ぼうのれい、ぼうのみね])  969m    奥武蔵

【主観的難易度… 初中級】

《アクセス》圏央道  青梅ICより40分。さわらびの湯駐車場。

《ルート》さわらびの湯〜白谷橋〜岩茸石〜権次入峠〜棒ノ嶺山頂〜[ピストン]さわらびの湯

  • 天気:晴れ
  • 人数:3人(A、K)
  • 行動時間:約5時間20分(休憩時間等含む)、地図上コースタイム 5時間50分

f:id:NACK-y:20190706174356j:imageらくらく登山計画&登山届作成! 登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」 - ヤマケイオンライン / 山と溪谷社

 

富士山初挑戦後、山に登る機会もなく普通に暮らしていましたが、2011年春の人事異動をきっかけに再会した先輩と、そのお知り合いの方と山に行く機会を得ました。

 

これにあたり、登山を始める決意とともにザックを買うことにしました。前回富士登山で使ったノースのリュックは、ビチョビチョになった挙句、内部のウレタンコーティングが剥がれてしまいました。

そもそもあれは登山用ではないし…。

 

今回は本格派ミレーのサースフェー40リットルをゲット! 40リットルあれば、日帰りから小屋泊まで幅広く使えます。ザックカバーも内臓、コーデュラ(耐久性に優れた素材)使用で頑丈。今でもバリバリ使ってます。

 

 

こちらは現行モデルで知人が使っていますが、軽くて使いやすそうです。

 

棒ノ折山は初心者でも登りやすく、楽しく、山頂からの景色もいいとのことでチョイスしてくれました。

この時はさわらびの湯の駐車場へクルマを駐め、登山口まで歩いて行きました。しかし登山口近くに駐車場。う〜ん失敗…(ー ー;)

f:id:NACK-y:20190706203435j:imageさわらびの湯から歩いて来ると、このダムを渡ります。有閑マダム…? ではありません。

 

f:id:NACK-y:20190706203653j:image登山口は分かりやすいです。

 

この山の序盤はとにかく渡渉や、沢沿い歩きが多く楽しいです!

f:id:NACK-y:20190706204715j:image
f:id:NACK-y:20190706204630j:image歩行スピードの早いAさん。

 

岩茸石からしばらくは平坦な道を進みます。

f:id:NACK-y:20190706204951j:image稜線の左右で何故か違う木々が生え揃う。

権次入峠(ごんじりとうげ)の直前の登りはきつめで、一番の難所でしょうか? 最近登った時は登山道も荒れていました(´д`)


f:id:NACK-y:20190706204954j:image稜線からはいい景色。山頂まではあと少し!

 

f:id:NACK-y:20190706210615j:image山頂は広々としていて、ベンチやテーブルもあります。そして、ちょっと霞んでいますが素晴らしい景色が広がります!

 

昼飯はお湯を沸かしてもらってカップラーメン。熟練者はこんな楽しいことしてるのか〜 と感心し、すぐガスストーブ(バーナー)を買う決心をしました。

 

下山時…。足元のヘビを見つけ、叫び飛び上がるAさん。後ろを歩いていてそれにビックリする私(;゚Д゚)

数十秒後、また叫ぶAさん。今度は自分で踏んだ小枝をヘビと勘違いした模様…。もー 頼みますよホント!

 

ピストンにてさわらびの湯まで帰りましたが、岩茸石の分岐から滝ノ平尾根で、直接さわらびの湯まで帰れるのを知ったのは後のことでした。

温泉はもちろんさわらびの湯へ!

 

そして今回知り合ったK師匠によって、この後山の世界へ引きずりこまれるのでした…

 

 

♨️さわらびの湯♨️

木のぬくもりを感じられるような、オシャレな作り。露天風呂がちょっと小さい…

【個人的お気に入り度… ☆☆☆★★】

さわらびの湯公式サイト|日帰り温泉 天然温泉 埼玉 飯能市 名栗

 

【自分用山行データ】

山行回数:3    踏破数:3   百名山:1