登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【谷川岳】2011年10月13日 日本三大急登、西黒尾根にて。達成感もひとしお! (日帰り登山)

スポンサーリンク

谷川岳(たにがわだけ)  1977m    谷川連峰    日本百名山    ぐんま百名山

【主観的難易度… 中上級】

《アクセス》関越自動車道  水上ICより20分。谷川岳ロープウェイ駐車場。

《ルート》土合口〜西黒尾根〜トマの耳〜オキの耳〜天神尾根〜天神平駅[ロープウェイ]〜土合口

  • 天気:曇り
  • 人数:3人(A、K)
  • 行動時間:約7時間40分(天神平駅まで。休憩等含む)。地図上コースタイム 6時間10分(天神平駅まで)

f:id:NACK-y:20190712021531j:imageコースタイムつき登山地図が無料! 登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」 - ヤマケイオンライン / 山と溪谷社

 

紅葉を狙って谷川岳へ! 谷川岳はロープウェイで高さを稼げるので人気の山です。しかし今回のルートは西黒尾根、日本三大急登です。初級者の女性を連れて大丈夫か…?

 

ロープウェイの乗り場をスルーし、人気のない登山口へ。しばらくは樹林帯が続きます。

f:id:NACK-y:20190714213549j:imageまだ余裕のKさん。

 

f:id:NACK-y:20190714213726j:image向こうに見えるのはロープウェイの天神平駅。帰りはあそこから。この辺から岩場が増えてきます。


f:id:NACK-y:20190714215620j:image慣れない鎖場に苦戦するKさん。


f:id:NACK-y:20190714213719j:imageああ… 天気が良ければ…。


f:id:NACK-y:20190714213713j:image腰が引けてるなー(^^;)  確かに稜線上は狭い場所も結構あります。


f:id:NACK-y:20190714213730j:image滑りやすい岩もあり、落ちるとヤバい所もあります。


f:id:NACK-y:20190714213710j:image山頂が見えてきましたが、「ふぅ  まだまだあるな…(;´д`)」の図。


f:id:NACK-y:20190714213707j:imageああ…  ホント天気が良ければ…。紅葉もイマイチ。でも天気のせいかと思いましたが、この年の紅葉は不発だったようです。

 

f:id:NACK-y:20190712021845j:image最後の登りも急登ですね。

 

f:id:NACK-y:20190714220409j:imageトマの耳登頂! お疲れ様でした! 昼食はここだったかな?

 

疲れの残るKさんを置いてザックもデポって(置いて)オキの耳へ。

f:id:NACK-y:20190714220901j:imageこっちの方が高いから本当の山頂だ!


f:id:NACK-y:20190714220348j:imageオキの耳から望むトマの耳。


f:id:NACK-y:20190714220413j:imageすぐ向こうは崖です。コワイ(;゚Д゚)

 

「そう言えばロープウェイの最終は16:30だっけ?」「え?時間ないじゃん、 急ごう!」

と、急ぎ足で天神平に向かっていましたが、周りの登山客は急いでる様子もなく、改めて調べたら最終は17時でした…。

 

f:id:NACK-y:20190714220421j:imageそれにしてもずーっと薄曇り。


f:id:NACK-y:20190714220359j:image天神尾根も足場が悪く、岩が滑りやすいです。


f:id:NACK-y:20190714220355j:image天神平から見える山頂。ロープウェイの時間は全然セーフ。


f:id:NACK-y:20190714220424j:image土合口までワープ!

トップページ/谷川岳ロープウエー株式会社

 

天気、紅葉ともイマイチで、いつかリベンジと思いつつ、未だに果たしていません。晴れていれば素晴らしい景色の山、また行きたいです。

 

温泉はお気に入りの湯テルメ谷川に行こうとしましたが、この日は露天風呂が清掃で使えないとのことで、鈴森の湯に行きました。

 

 

♨️鈴森の湯♨️

こちらも川沿いの露天風呂があり、湯テルメ谷川に負けない景観の良さです。

【個人的お気に入り度… ☆☆☆☆★】

水上(みなかみ)日帰り温泉なら『鈴森の湯』100%源泉かけ流し

 

【自分用データ】

山行回数:9   踏破数:12   百名山:5