登山やってみっか

これまでの登山の軌跡を、イチからピンキリ全てをたどる山行記です

【赤岳(八ヶ岳)】2013年3月8日 いきなり冬の赤岳! しかも日帰りで… (日帰り登山)(2回目)

スポンサーリンク

赤岳(あかだけ)  2899m    八ヶ岳     日本百名山    山梨百名山

【主観的難易度… 上級】

《アクセス》中央自動車道  小渕沢ICより20分。八ヶ岳山荘駐車場。

《ルート》美濃戸口〜美濃戸〜南沢ルート〜赤岳山頂〜地蔵ノ頭〜赤岳鉱泉〜北沢ルート〜美濃戸〜美濃戸口

  • 天気:曇り
  • 人数:2人(Y)
  • 行動時間:データなし。地図上コースタイム 9時間25分

f:id:NACK-y:20190906110916j:image山好きのための登山情報サイト - ヤマケイオンライン / 山と溪谷社

 

もう少し本格的な雪山に行ってみたいなーと思って、雪山経験の豊富なYさんに「どっか連れてってー」と相談するといきなり赤岳の提案。しかも日帰り!(;゚Д゚)

私「道具も無いし、いきなり赤岳なんて大丈夫ですかねー?」

Y氏「大丈夫、大丈夫〜。道具も貸すし!」

ん〜 ちょっと不安だけど、Yさんのフォローがあるなら大丈夫か…。て感じで赤岳行きが決定しました。

 

夜中に八ヶ岳山荘(美濃戸口、みのとぐち)に着き、ロビーで仮眠させてもらい、夜明けくらいに出発。美濃戸まで4WDのクルマなら行けなくもないですが、凍結等で危ないので、念の為徒歩で行きました。

 

f:id:NACK-y:20190907224615j:image美濃戸山荘前の分岐。ここから登山道です。

南沢ルートで行きました。ちょっと雪は深いけど、ここまでは傾斜もあまりないので、丹沢なんかと変わらないかなー。


f:id:NACK-y:20190907232752j:image行者小屋に着きました。除雪作業中ですね。


f:id:NACK-y:20190907224621j:image夏用のトイレは使えず、裏に冬用があります。

 

ここで軽食です。ここから先はゆっくりご飯を食べるところはありません。アイゼン、ピッケルもここで装着。気が引き締まります!(`・ω・´)

滑落停止方法と耐風姿勢もここで教わりました。

 

初のピッケル歩行、慎重に登ります。そういえばここまで寝不足&花粉症の薬が効いて眠かったんですが、一気に目が覚めた記憶があります。

 

f:id:NACK-y:20190907224618j:imageだいぶ登って来た…。ここの少し上の急斜面で、借りた10本歯アイゼン(のちに譲ってもらいました)の前爪が少し短く、キックステップが出来ず苦戦しましたが気合で登りました!

 


f:id:NACK-y:20190907234747j:imageちょっとテンション上がって来た〜↗︎

 

f:id:NACK-y:20190907234854j:image中岳阿弥陀岳。分岐のところに出ました。迫力の阿弥陀岳!


f:id:NACK-y:20190907234901j:image夏と景色が違い過ぎる…

 

f:id:NACK-y:20190907235152j:imageそれほど風は強くなかったので、小休止。

 

f:id:NACK-y:20190907235138j:image今回買った装備はモンベルで買ったバラクラバ(目出し帽)のみ。休憩中、風で飛ばされないようにグローブは懐の中。

 

f:id:NACK-y:20190908000358j:image稜線は岩岩。緊張してきた…

 

ここからはルートも岩岩。

f:id:NACK-y:20190908000745j:image
f:id:NACK-y:20190908000413j:image初本格雪山でこれはなかなかシビれる(;゚Д゚)

 

やった〜!
f:id:NACK-y:20190908001018j:imageやってやったぜ〜! 風が強くてしがみついてるけど、やった! 景色ないのが残念だけど…

 

f:id:NACK-y:20190908001344j:image長居は無用、さあ降りましょう。

 

f:id:NACK-y:20190822034731j:image荘厳な景色。しかし風は強く極寒!

 

f:id:NACK-y:20190908001608j:image赤岳天望荘。風を避けられたので、愛煙家のYさんやっと一服。

 

f:id:NACK-y:20190908001750j:imageもちろん営業してません。吹き溜まっちゃってます。


f:id:NACK-y:20190908001802j:image山頂方面。さっきより雲は取れたかー

 

下山は地蔵尾根からでした。視界が悪く一瞬プチロストしましたが、別の登山者が「こっちですよー」と教えてくれました。

また、ヤバいことにサングラス忘れて困ってたら、偶然にもサングラス拾うというラッキーも! 安物っぽかったので、貰っちゃいました…(^^;)

そんなこんなで無事樹林帯へ入った時は、ホントに安堵の溜息が漏れました…

 

帰りは赤岳鉱泉経由の北沢ルート
f:id:NACK-y:20190908001756j:image赤岳鉱泉のアイスキャンディー。いつかやってみたい。


f:id:NACK-y:20190908001753j:image3月でもこの辺は雪もりもり。なんか疲れたし、もうもふもふしながらのんびり帰るか!

 

こうして初の本格雪山は無事終了しました。行動時間は10時間をゆうに超えてたと思います。疲れたけど楽しかった、という感想で自分で装備を整えてまた来るっきゃない! と思うと共に、初めての本格雪山に日帰りの赤岳はちょっと無いかなー、とも思いました…(^^;)

 

夏は雨だった…

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

♨️八峯苑  鹿の湯♨️

この地域の特徴、フォッサマグナから生まれた温泉。時間帯によって翠色の湯が楽しめますが、我々が行った時はダメでした…

【個人的お気に入り度… ☆☆☆★★】

ホテル八峯苑 鹿の湯(富士見高原リゾート) - ホテル八峯苑 鹿の湯(公式サイト)

 

【自分用山行データ】

山行回数:32   踏破数:36   百名山:12    撤退:2